ストレスチェックについて Stress Check

様々な要件に対応するために複雑になっている現代社会の大きな問題点となる「ストレス」。各企業で社員の皆様のストレス状態を把握するために、弊社では厚生労働省が研究開発した信頼性・妥当性の高いストレス調査票を使用してストレスチェックを進めております。

また、ストレスチェック実施後の高ストレス者のフォローについても、貴社の産業保健体制に則した対応策をご提案いたします。

パートナー募集

株式会社ヴームでは、弊社のストレスチェックサービスをご紹介いただけるビジネスパートナー様も募集しています。

ストレスチェックって何?

「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問表(選択回答)に
労働者が記入し、それを集計・分析することで、
自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。
「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が50人以上いる事業所では、
2015年12月から、毎年1回、この検査を全ての労働者に対して
実施することが義務付けられました。

契約期間が1年未満の労働者や、労働時間が通常の労働者の所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者は義務の対象外です。

弊社は中央労働災害防止協会の会員です。

いつまでに、何をすればいいのでしょうか?

ストレスチェック制度(準備から事後措置まで)は、以下の手順で進めていきます。

  1. 導入前の準備(実施方法など社内ルールの策定)
  2. 質問票の配布・記入※職業性ストレス簡易調査票(57項目)
  3. ストレス状況の評価・医師の面接指導の要否の判定
    1. 本人に結果を通知
    2. 個人の結果を一定規模のまとまりの集団ごとに集計・分析
    1. 本人から面接指導の申出
    2. 職場環境の改善
  4. 産業医による面接指導の実施
  5. 就業上の措置の要否・内容について、医師から意見聴取
  6. 就業上の措置の実施
  7. 「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防止!
ストレスチェック(全員) 集団分析(※努力義務) 面接指導(ストレスが高い人)

ストレスチェックと面接指導の実施状況は、毎年、労働基準監督署に所定の様式で報告する必要があります。

ストレスチェック導入実績

企業向けストレスチェックの実施について、様々な業界・業種からの実施実績があり、チェック後のフォロー体制についても、高評価をいただいております。

おかげさまで実施人数10,000人突破

医療・福祉 9社
情報通信 3社
卸売・小売業 7社
建設業 4社
サービス業 6社
製造業 7社
宿泊業・飲食サービス業 1社
教育・学術支援業 1社
運輸業・郵便業 1社

お申し込み・お問い合わせ

ストレスチェックに関するお申し込み・お問い合わせは
下記フリーダイヤル宛にご連絡いただくか、
メールフォームに必要事項を入力いただき送信いただきますと
受付・お問い合わせに対するご対応をさせて
いただきますので、一度ご連絡いただきますよう
お願いいたします。

電話でのお申し込み・お問い合わせはフリーダイヤル 0120-122-347 受付時間:平日 9:00~17:00
メールフォームからお申し込み・お問い合わせは